skip to Main Content

育鉄

特殊加工により焦げ付きづらくて汚れが落としやすい。
特殊加工を再加工する事で蘇り、長く使うことが出来る。

徐々に油が馴染み、裏側には焼いた跡がついていく。
その過程を楽しみ、自分だけの「育鉄」を育てて下さい。

育鉄は、colorのアウトドア経験と鉄を扱ってきた牧製作所の高い技術、豊富な知識から生みだされた

育鉄の上に肉を置いて焼いた写真

特殊加工の施されたアウトドア用鉄板。

シンプルなデザインで曲げ加工を施し、油や液体がこぼれにくくなっています。
その為、ソースなどをかける事も汁気のある料理も出来ます。
特殊加工された6㎜厚の鉄板は、熱伝導と蓄熱性が優れており素材のおいしさを引き出してくれます。

シーズニング無しでも調理できる

シーズニング要らず

一般的に鉄板は、使用する前にシーズニングが必要になります。
しかし育鉄は、シーズニングをしなくても調理可能に。

  • 開封直後は表面に鉄粉が残っている場合がありますので、一度タオルなどで水拭き、水洗いをしてから調理して下さい。

シーズニングとは、鉄板への焼き付きを減らし鉄臭さを消す為の作業です。
手順は、熱した鉄板に油を薄く塗り冷ます。
これを複数回繰り返した後、くず野菜などを炒めて鉄臭さを消していきます。

育鉄セット + 鉄製ハンドル
お湯で洗う前と洗った後のビフォーアフター

焦げ付きにくく、汚れを落としやすい特殊加工

油を引かずに調理可能

通常油を引かないと焦げ付きやすい生卵も、焦げ付かずに焼く事が出来ます。
動画はこちらから

  • 食材によっては焼き跡が強く場合があります。
    油を引いて使用すると焼き跡が付きにくくなります。
  • 水分の多い食材や餃子、焼きそば等を焼くときは油を薄く引く事をお勧めします。
焦げ付きにくい

育鉄は食材が張り付きづらい為、焦げ付きにくい。
ヘラなどで簡単にひっくり返すことが出来ます。

汚れを落としやすい

調理後についた汚れも、お湯で洗えば簡単に落ちます。

  • 焼き跡や油の跡などは、落ちない場合があります。

特殊加工を再び行う事で、初期性能近くまで回復可能。

長く使ったりメンテナンスが疎かな場合、汚れの固着等が起こります。
特殊加工を再び行う事(再加工)で、汚れが落ち、性能を蘇らせる事が出来ます。
再加工には、別途費用が掛かりますが同じ鉄板を繰り返し使うことができ、鉄板を長く使い込んで育てていけます。

  • 油の染みこんだ跡や焼き跡、深い錆などは落としきれない場合があります。
  • 頻度は、使われる方により変わります。ご不明点等ある場合は、お気軽にご相談下さい。
再加工を行なった育鉄
再加工前の育鉄

再加工前

右矢印
下矢印
再加工後の育鉄

再加工後

お手入れ方法

  1. 調理後、素手で持てる温度に下がったら、タワシ等を使ってお湯で洗い流して下さい。
    (食洗器では洗わないで下さい)
    また、キャンプ場などお湯が出ない場合は新聞紙などで包み、ご自宅等で洗う事をお勧めします。
    ※加熱中や加熱後は非常に熱くなります。取り扱いにはご注意ください。
  2. 洗剤を使って洗っても問題はありませんが、油馴染みが遅くなります。
    汚れの度合いに応じてご使用ください。
  3. 洗浄後は錆を防ぐ為、コンロ等で火にかけ水分を飛ばした後、油を薄く塗って保管して下さい。
    ※ハンドルも鉄製の為(木製ハンドルはステンレス製)、水が付いたままでは錆びてしまいます。
    しっかりふき取っていただくか、空焚きする事をお勧めします。
  4. 育鉄の育ち方は、調理方法や食材、使用頻度などで大幅に変わります。
    あなただけの育ち方をした育鉄を是非お楽しみ下さい。

注意点

  • 育鉄は錆を防ぐ為に真空パックにして発送します。
    開封後はできるだけ早く調理に使って頂くか、一度薄く油を塗る事をお勧めします。
  • 加熱中や加熱後は非常に熱くなります。取り扱いにはご注意ください。
  • 開封直後は表面に鉄粉が残っている場合がありますので、一度タオルなどで水拭き、水洗いをしてから調理して下さい。
  • 再加工を施す事で、油汚れや錆などを除去することが出来ますが、油の跡やシミ、錆が深い場合などは落としきれない場合があります。

MOVIES

Back To Top