skip to Main Content

sotocha. 100g

¥2,400(税込)

重量:100g

スッキリとして甘く薫り高い静岡県産のお茶です。
生産量が少ない農家さんから分けて頂いている為、数量限定の販売になります。

無農薬・有機肥料・手摘み で栽培されています。
無農薬で有機肥料を使っているだけではなく、手摘みのため機械を使うと入ってしまう古い葉や太い茎がありません。
安心してお飲み頂けます。

購入はこちらから
IMG_7657

sotocha.の味わい

スッキリとして甘く薫り高い静岡県産のお茶です。
生産量が少ない農家さんから分けて頂いている為、数量限定の販売になります。
キャンプにも持って行きやすいサイズも用意しています。

開封後は、お早めにお飲みください。
開封後は、冷蔵庫に封をして保存して下さい。

お茶の入れ方

湯の量と茶葉の量の目安
1人分 お湯:80ml  茶葉:3g

お茶碗に人数分の熱湯を入れる。
茶葉を急須に入れる。
80℃ほどに冷ましたお茶碗のお湯を急須に入れる。
約60秒ぐらいお茶が浸出するのを待ちます。
お茶をつぐ
最後の一滴まで絞りだします。

あくまでも目安になります。
お好みの入れ方湯量・茶量を変えてみて下さい。

IMG_7885
IMG_7649

水だし茶の入れ方

水と茶葉の量の目安
水:1L   茶葉:10g

市販に売られているお茶パックに茶葉を入れる。
ポットに1Lの水を入れ、お茶パックに詰めた茶葉を入れる。
10〜15分たったらお茶パックをトング等で絞る。
十分に絞ったお茶パックを取り除く。
※作った際は早めに飲みきってください。
※使う水は、カルキを抜いた水の方がおいしくなります。
沸騰させた水道水を冷ましてから使うといいです。
硬水のミネラルウォーターは不向きです。

水だし茶は、お湯よりうまみを感じやすくさっぱりした味わいになります。
暑い日や外で頂くのにオススメです。

オススメの飲み方

無農薬・手摘みの為お茶をそのまま頂いても大丈夫です。

お茶用のミルが市販で販売されています。
茶葉を抹茶のよう粉末にしてお湯(80℃)を注ぎそのまま頂く事も出来ます。
茶葉も頂く事が出来るので茶葉の栄養も摂取することが出来ます。

アウトドアなど外で飲む際は、以下の方法もあります。
シェラカップなどの入れ物にお湯(80℃)を80ml入れる。
お茶パックなどに茶葉2〜3gを入れる。
お茶パックをお湯に入れて約60秒まつ。
お茶パックを取り出す。

急須を持参しなくても外でお茶を頂く事が出来ます。

F90218BA-F4D7-473E-99ED-DA84F37FFEC2
183FAC89-3B29-4CC6-AB42-917AC296ACC6

sotocha.は料理にも

茶葉をそのまま頂いても大丈夫なsotocha.は料理にも使えます。

料理に使ったり、和菓子や洋菓子などに使えます。

ぜひ、いろいろと試してください。

静岡県天竜

日本茶の名産地 静岡県は、日当たりが良く温暖な気候と、美しい山川に恵まれお茶の生育にとても適している場所です。
天竜区は土地の約9割が森林で、緑豊かな山々から生まれる天竜川の清流と、山地特有の寒暖差によっておいしいお茶ができます。

IMG_5515

重量

100g

製造業者

石野茶園

Back To Top